世界初!!リアル4Kモニター 関節鏡手術!

2019.09.16整形外科

こんにちは。

タイトルにあるように先日、当クリニックで世界初 リアル4Kモニター(Smith&Nephew社)を使用した関節鏡手術が行われました。

モニターのみ4Kのものはありましたが、関節鏡カメラからケーブル・モニター含めて本当のリアル4Kでの関節鏡手術は今回が世界初になるそうです!!

これは今まで多くの関節鏡手術を執刀させていただいてきましたが、その際に色々とサポートいただいたSmith&Nephew社の関係者の方々の多大なご配慮を頂いたおかげだと思っています。本当に有難うございます。

この最新のモニターを用いてより鮮明な画像で手術を行うことで、より細かい所見が把握でき、適切な処置を行うことで患者様へ還元できればと思います。

 

ちなみにこの4Kモニターを用いた関節鏡の初症例は股関節鏡手術です。可動域制限を伴った股関節に対して、必要な部位の骨切除を確実に行うことで、術前に端坐位(股関節90°で腰を掛ける動作)や足を伸ばして寝れなかった患者様が、術翌日より普通に端坐位が出来るようになり、普通に足を伸ばして寝れるようになり、確実な効果が目の当たりになり満足していただけました。

 

患者様の同意を得て術中写真を添付します。関節鏡モニターの鮮明さに驚くかもしれません!!

 

これからもクリニックでは先端な医療機器を用いて、より正確な手術を行っていきたいと思います。

当院では多くの患者様の満足度の高い医療を提供するために、今後も肩・膝・足・股・肘関節鏡にて対応できる手術はこの4K関節鏡を用いて行っていきます。

 

今後とも宜しくお願い致します。

(錦野匠一)